2019SS 2018AW 2018SS 2017AW 2017SS 2016SS 2016SS 2015AW 2015ss 2014 2013 2012 2011 2010 2009
                            Japan Pavilion TOP

出展者専用
   
logo_inter_textile_shanghai_apparel_fabrics logo_Japan Fashion Week Tokyo
〜Asia市場開拓〜 Intertextile Shanghai Apparel Fabrics Japan Pavilion 2014

2013年の『Intertextile Shanghai Apparel Fabrics』は98ケ国から69,000人(前年65,778人)以上の来場者を集め、出展者数・来場者数ともに新記録を達成しました。世界経済は未だ不透明ながら、この地域のテキスタイル産業は未だ旺盛であり、それは同展への参加者が増加していることでも証明されています。多くの海外出展者は、まだ成長の余地のある中国市場に期待を寄せているのです。一方、中国アパレルも“量から質”への転換を図り、特に、高級ブランドはより差別化した商品を求める傾向にあります。円安も続く今こそ、日本の高品質な素材を提案する千載一遇の好機といえるでしょう。

昨年のJapan Pavilion(JP)では、よりスタイリッシュな統一ブースにモデルチェンジし、またPavilion内で1番集客力のあるトレンドコーナーも、よりインパクトの強い施工と展示内容にしました。その結果、来場者数や商談件数は前年実績を大きく上回り、会期を通じて大変に盛況で活発な商談が交わされました。参加企業アンケートでも、昨年実績を大幅に上回る回答が得られています。JPは、この展示会場内のベストロケーションに日本の企業を集積し、日本のテキスタイルトレンドを発信するとともに、ジャパン・クオリティーをプロモーションします。日本の優れた企業が集結することで、有効なプロモーションが可能です。


The ‘Intertextile Shanghai Apparel Fabrics’ show in 2013 has broken new records in visitors and exhibitors, with more than 69,000 individuals from 98 countries attending the event (cf. previous year 65,778). This increase is proof that the local textile industry remains prosperous, despite the uncertainty of the global economy. Most of the overseas exhibitors still have considerable expectations of China markets, while China apparel is in transition from ‘quantity to quality’, which enhances the efforts of luxury brands to seek more distinguished products. Now is a golden opportunity to promote high-quality Japan fabrics amid the ongoing depreciation of the Japanese yen.

 

Last year we remodelled the entire Japan Pavilion (JP) structure to create a more stylish unified booth design, and enriched the display and construction design of the trend corner, the key appeal spot of the pavilion, by adding impact. This has spawned successful results at the JP, with soaring visitor numbers and negotiations generating an enthusiastic atmosphere throughout the entire show period, as was also effectively reflected in the questionnaire by exhibitors. JP will further promote Japan Quality based on the textile trends originating from Japan by bringing together the cream of Japanese exhibitors, maintaining an optimal fairground venue, and targeting higher promoting efficiency.


photo_Japan Pavilion 2014_01

 

<Photo:Japan Pavilion 2013>


Intertextile Shanghai Apparel Fabrics 2014
  会  期 2014年10月20日(月)〜23日(木) 9:00〜17:30(最終日のみ9:00〜14:00)
  主  催 Messe Frankfurt(HK)Ltd.
中国国際貿易促進委員会紡織行業分会(CCPIT tex)
  会  場 上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Centre)
MAP

 

来場者オンライン登録[英語] >>>
来場者オンライン登録[中国語] >>>



  Show period Oct. 20 - 23, 2014 (Mon. -Thu.)  9:00 - 17:30 (*last day / 9:00 -14:00)
  Organisers Messe Frankfurt(HK)Ltd.
The Sub-council of Textile Industry, CCPI. tex
  Venue Shanghai New International Expo Centre
MAP

 

Registration for buyers [ENG] >>>
Registration for buyers [CHN] >>>


Japan Pavilion 2014
  概  要 ジャパン・トレンド+ビジネスコーナー(商談ブース)
  参加企業 団体:35社・団体     出展者一覧 >>>
  主  催 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
  出展場所 Hall W2内
photo_Japan Pavilion 2014_02

2013年の『Intertextile Shanghai Apparel Fabrics』は98ケ国から69,000人(前年65,778人)以上の来場者を集め、出展者数・来場者数ともに新記録を達成しました。世界経済は未だ不透明ながら、この地域のテキスタイル産業は未だ旺盛であり、それは同展への参加者が増加していることでも証明されています。多くの海外出展者は、まだ成長の余地のある中国市場に期待を寄せているのです。一方、中国アパレルも“量から質”への転換を図り、特に、高級ブランドはより差別化した商品を求める傾向にあります。円安も続く今こそ、日本の高品質な素材を提案する千載一遇の好機といえるでしょう。

昨年のJapan Pavilion(JP)では、よりスタイリッシュな統一ブースにモデルチェンジし、またPavilion内で1番集客力のあるトレンドコーナーも、よりインパクトの強い施工と展示内容にしました。その結果、来場者数や商談件数は前年実績を大きく上回り、会期を通じて大変に盛況で活発な商談が交わされました。参加企業アンケートでも、昨年実績を大幅に上回る回答が得られています。JPは、この展示会場内のベストロケーションに日本の企業を集積し、日本のテキスタイルトレンドを発信するとともに、ジャパン・クオリティーをプロモーションします。日本の優れた企業が集結することで、有効なプロモーションが可能です。


  Overall structure Japan Trend + Business negotiation corner
  No. of exhibiters
 (companies/associations)
35     List of exhibitors >>>
  Organiser Japan Fashion Week Organization
  Exhibiting area Hall W2

The ‘Intertextile Shanghai Apparel Fabrics’ show in 2013 has broken new records in visitors and exhibitors, with more than 69,000 individuals from 98 countries attending the event (cf. previous year 65,778). This increase is proof that the local textile industry remains prosperous, despite the uncertainty of the global economy. Most of the overseas exhibitors still have considerable expectations of China markets, while China apparel is in transition
from ‘quantity to quality’, which enhances the efforts of luxury brands to seek more distinguished products. Now is a golden opportunity to promote high-quality Japan fabrics amid the ongoing depreciation of the Japanese yen.

Last year we remodelled the entire Japan Pavilion (JP) structure to create a more stylish unified booth design, and enriched the display and construction design of the trend corner, the key appeal spot of the pavilion, by adding impact. This has spawned successful results at the JP, with soaring visitor numbers and negotiations generating an enthusiastic atmosphere throughout the entire show period, as was also effectively reflected in the questionnaire by exhibitors. JP will further promote Japan Quality based on the textile trends originating from Japan by bringing together the cream of Japanese exhibitors, maintaining an optimal fairground venue, and targeting higher promoting efficiency.



Japan Pavilion2014出展募集要項 >>>>(募集は締め切りました)


お問い合わせ先
  【Japan Pavilion 2014 に関する申し込み・問い合わせ先】
    日本ファッション・ウィーク推進機構 テキスタイル事業事務局
Tel:03-6805-0791 Fax:03-6805-0793 E-mail:info@japancreation.com
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第5叶ビル8階
  【Intertextile Shanghai Apparel Fabrics に関する問い合わせ先】
    メサゴ・メッセフランクフルト株式会社
Tel:03-3262-8460 Fax:03-3262-8442 E-mail:info@japan.messefrankfurt.com
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-3-2

  ページの先頭へ戻る


Copyright (C) JFW  Textile Div., All Rights Reserved.