2017SS 2016SS 2016SS 2015AW 2015ss 2014 2013 2012 2011 2010 2009 Japan Pavilion TOP

出展者専用
   
logo_inter_textile_shanghai_apparel_fabrics logo_Japan Fashion Week Tokyo
〜Asia市場開拓〜 Intertextile Shanghai Apparel Fabrics Japan Pavilion 2014

出展募集概要

一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構

テキスタイル事業運営委員長 貝原 良治


2013年のIntertextile Shanghai Apparel Fabricsは98ケ国から69,000人(前年65,778人)以上の来場者を集め、出展者数・来場者数ともに新記録を達成し幕を閉じました。世界経済の課題にも関わらず、この地域のテキスタイル産業は上向きであり、それは見本市の参加者が増加していることでも証明されます。多くの海外からの出展者は、まだ成長の余地のある中国内企業に期待を寄せます。3年目の共同主催となる日本貿易振興機構(ジェトロ)は、中国内100社のバイヤーを招致し、ビジネスマッチングを行いました。中国アパレルバイヤーの意欲は高く、高級ブランドはより差別化した商品を求める傾向にあります。今こそ日本の高品質な素材を提案する千載一隅の好機といえるでしょう。

 

『Japan Pavilion 2013』ではよりスタイリッシュな統一ブースにモデルチェンジし、その結果、来場者数や商談件数は前年実績を大きく上回り、会期を通じて大変に盛況で、活発な商談が交わされました。参加企業アンケートも、各項目とも昨年実績を大幅に上回る回答が得られています。例年以上に国際色高いパビリオンと出展者が特色豊かなプレゼンテーションをする中でも、『Japan Pavilion 2013』は注目のパビリオンとして脚光を浴びました。

2014年秋(10月)に開催するIntertextile Shanghai Apparel Fabricsでは、日本ファッション・ウィーク推進機構が『Japan Pavilion 2014』を運営します。

どうぞこの機会に、ご参加のご検討をいただければ幸いです。



Intertextile Shanghai Apparel Fabrics
 

経済成長が続く上海のこの展示会は、アパレル向け繊維見本市としては出展者数、来場者数ともに世界最大の展示会です。2013年まで年に一度開催されていましたが、2014年から年に2回開催が決まり、今後の発展がますます期待される展示会です。

  展示会名 Intertextile Shanghai Apparel Fabrics 2014
  会  期 2014年10月20日(月)〜23日(木)  9:00〜17:30 (最終日のみ9:00〜14:00)
※ただし初日は特別招待者のみ入場可
  主  催 Messe Frankfurt(HK)Ltd.、中国国際貿易促進委員会紡織行業分会(CCPIT tex)
  会  場 上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Centre)
MAP
  出展場所 Hall W2 内

Japan Pavilion 2014概要
  主  催 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
  協  力 独立行政法人日本貿易振興機構
  後  援 経済産業省(予定)
  運営協力 メサゴ・メッセフランクフルト株式会社
  会場規模 130小間(予定) ビジネスコーナー(商談ブース集積)+トレンドコーナー

Japan Pavilion 2014参加条件
 

日本国内に籍を置く繊維関連企業および団体


Japan Pavilion 2014出展のメリット
 


Hall W2のベストロケーションに日本企業が集積することで、既存顧客の動員が容易なだけでなく、新規来場者にも充分にアピールできます。
  『Japan Pavilion』というゾーニングが、中〜高級品を取り扱うバイヤーを惹きつけます。
  特別にデザインされた統一ブースで出展することにより、差別化した提案が可能です。
  出展料ならびに追加備品料等が、国内にて日本円でも支払いいただけます。
  本見本市主催者の日本事務局とJapan Pavilion事務局が連携して運営にあたりますので、出展のお申し込みや各種お手続きに関して、ダイレクトスムースなサポートを受けられます。
  追加備品、装飾に関しても、Japan Pavilion事務局が窓口になり、対応いたしますので、日本語での対応と細やかなサポートを受けられます。
  集客力の高いトレンドコーナーへ素材展示し、貴社ブースへバイヤーを誘導します。
  ガイドブック作成やDM送付等の広報活動によって、貴社をPRします。
  Japan Pavilionに有力バイヤーを招致し、新規顧客との商談機会を提供します。
 
【参加企業アンケート(Japan Pavilion 2013)】
 ・JP商談件数:
          6,093件 (昨年4,553件)
・JP成約件数:
          191件(昨年度76件)
・JP成約見込み件数:
          476件(昨年度272件)
・成約見込み金額:
          35,491万円
photo_Japan Pavilion 2014_01

Japan Pavilion 2014 ロケーション
  Hall W2内に日本企業が集積
 
photo_Japan Pavilion 2014_02

image_Japan Pavilion ホールレイアウト

商談ブース参加料
  USD6,400/1小間 (税込)
 

USDの請求になりますが、「請求書発行日時点にみずほ銀行が公示するTTSレート」で換算した決済にも応じます。
例 672,000円/1小間 (rate 1USD→105JPY)


  【参加料に含まれるもの】
 


スペース(3m×3m=9sqm)
  統一パッケージブース(設営・撤去)
  公式カタログエントリー費
  トレンドフォーラム参加費
  来場招待状(1社60枚)

  【商談ブース】 −スタイリッシュな統一ブースで構成します−
 


1小間 9sqm(3m×3m)

  【小間仕様(予定)】
 

社名板、カーペット、照明、テーブル・イス、鍵付きキャビネット、ハンガーラック、コンセント
photo_商談ブース



スペース参加料
  USD590/1m²(税込)
 

36m²以上18の倍数の申込みに限ります。


  【参加料に含まれるもの】
 


スペース
  小間までの電気配線工事費
  公式カタログエントリー費
  トレンドフォーラム参加費
  来場招待状(1社60枚)


出展申し込み〆切 : 2014年4月11日(金) 必着
 

※小間数に限りがあるので、お早めにお申し込みください。
   申込が規定小間数を超えた場合は、〆切前でもご要望にお応えできない場合もございます。



募集要項&申込書類  pdf 762kb   excel 130kb(申込書類のみ)

  ページの先頭へ戻る


Copyright (C) JFW  Textile Div., All Rights Reserved.