2019SS 2018AW 2018SS 2017AW 2017SS 2016SS 2016SS 2015AW 2015ss 2014 2013 2012 2011 2010 2009
                            Japan Pavilion TOP

Japan Pavillion 出展者専用ページ
   
logo_inter_textile_shanghai_apparel_fabrics logo_Jetro width=logo_Japan Fashion Week Tokyo
〜Asia市場開拓〜 『Intertextile 上海 2011 Japan Pavillion』

logo_japanpavilion


 経済成長が続く中国で、毎年10月に開催されるインターテキスタイル上海アパレル・ファブリックス展は、繊維見本市としては出展者数・来場者数とも世界最大の展示会です。
 昨年は57,000人以上の入場者を記録し、10ホールの展示会場に20カ国2,500社の出展がありました。今年もそれを上回る来場が予想され、この圧倒的な人気を理由に、初日は招待されたバイヤーのみが入場可能な“スペシャル・バイヤーズ・デイ”が設けられます。
 この展示会の魅力の一つは、世界のパビリオンで発信されるトレンド情報。本年10月に開催される「インターテキスタイル上海アパレル・ファブリックス展」に、日本ファッション・ウィーク推進機構と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、日本のテキスタイルトレンドを発信するとともに、商談ブースを集積した『Japan Pavilion』を開設します。
 『Japan Pavilion』では、会場内のベストロケーションに日本の優れた企業が集結することで、効果あるプロモーション活動を行います。また、パビリオン参加企業へのビジネスサポートとして、現地紙への広告掲載、ガイドブック(中・英語)による出展者紹介、『中国テキスタイル市場開拓マニュアル』の配布、有力バイヤーとの商談をアレンジする等の支援プログラムも計画しています。
また、JETROブースではセミ・クローズの商談コーナーを設け、外壁には震災復興PR用画像(モニター)とパネル展示を予定。
photo_japanpavilion

1. 開催概要  
  [会期] 2011年10月18日(火)〜21日(金)
  [時間] 10月18日 9:00〜17:00(招待バイヤーのみ)
10月19日 9:00〜17:00
10月20日 9:00〜17:00
10月21日 9:00〜14:00
  [展示会名] Intertextile SHANGHAI apparel fabrics 2011
主催: Messe Frankfurt(HK)Ltd
    中国国際貿易促進委員会紡織行業分会(CCPItex).
会場:上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Centre) MAP
出展場所:Hall W2 内
  [出展料] 495,600円、スペース貸 43,000/m²
  [主催] 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
日本貿易振興機構(ジェトロ)
  [後援] 経済産業省
  [運営協力] メサゴ・フランクフルト㈱

2. 出展規模
 




ジャパン・トレンド+ジェトロ広報ブース(90㎡)
ビジネスコーナー(商談ブース集積)78小間+168㎡
出展企業(50音順)
旭化成せんい(株)、一村産業(株)、宇仁繊維(株)/小紋貿易(上海)有限公司、NI帝人商事(株)、熊澤商事(株)、倉敷紡績(株)、サカイオーベックス(株)、(株)サンウェル、ジャクテック協同組合、一般社団法人ジョイント・尾州ブランド、第一織物(株)、瀧定名古屋(株)、田村駒(株)、Team GIFU、蝶理(株)テキスタイル事業部、津島毛織工業協同組合、(株)ティーエスカンパニー、東京織物卸商業組合、同興商事(株)、東洋紡績(株)/日本エクスラン工業(株)、東レ(株)、冨田商事(株)、豊島(株)、豊島(株)東京13部、日清紡テキスタイル(株)、(株)林与、前多(株)、(株)むらかみ商店、村田機械(株)、森菊(株)、モリリン(株)、山梨県絹人繊織物工業組合

image_floormap



Intertextile SHANGHAI apparel fabrics
 

昨年16回を迎えた、アパレル向け繊維素材展です。上海万博も開催され経済成長も伸びが続く上海のこの展示会は、繊維見本市としては出展者数、来場者数とも世界最大の展示会です。年に一度開催され、昨年も10月に4日間開催されました。昨年は57,000名以上の入場者を記録し、10ホールの展示会場に、20カ国2500社の出展があり、過去最大の規模となりました。この展示会の魅力の一つは、世界のパビリオンで発信されるトレンド情報です。中国市場において高まるトレンドの重要性を反映し、昨年度も、10年以上継続して出展しているイタリアパビリオンをはじめ、イギリス、ドイツ、日本、台湾、韓国、タイ、トルコなどのパビリオンがあり、それぞれの特徴あるトレンドファブリックが提案されました。
photo_2010開催記録



「Japan Pavillion」参加条件
  日本国内に籍を置く企業

「Japan Pavillion」出展のメリット
  直接出展する場合とほぼ同額の出展料で、特別にデザインされた統一ブースになります。
  出展料並びに追加備品料などが、国内にて日本円でお支払いいただけます。
  主催者の日本事務局(メサゴ・メッセ㈱)と、JFWジャパン・クリエーション事務局が連携し運営にあたりますので、出展申し込みや各種手続きに関してダイレクトスムースなサポートを受けられます。
  追加備品、装飾に関しても、日本の事務局が窓口になり対応いたしますので、日本語での対応と細やかなサポートを受けられます。
  従来のジャパン・パビリオン同様、ホールW2のベストロケーションに日本企業が集積することで、既存顧客の動員が容易なだけでなく、新規来場者にも充分にアピールできます。
  集客力の高いジャパン・トレンドコーナーへ素材展示し貴社ブースへバイヤーを誘導します。
  トレンドセミナー、プレスブリーフィングで貴社の特徴をPRします。
  ジェトロが有力バイヤーとの商談をアレンジします。

商談ブース参加料・・・495,600円(税込:本体価格472,000円)/1小間
出展料に含まれるもの
  スペース(3m×3m=9㎡)
  統一パッケージブース(設営・撤去)
  公式カタログエントリー費
  トレンドフォーラム参加費
  来場招待状(1社60枚)

出展申し込み締切り   2011年5月20日(金) 必着
                            ※小間数に限りがあるので、お早めにお申し込みください。

エントリーフォームはこちらです。    btn_excel 69kb      excel 86kb

前回の開催報告
        btn_excel 371kb

 

photo_2010開催記録 左から JapanPavilion/ジャパントレンドコーナーでマスコミ&VIPへのプレゼン/商談ブース


商談ブース −スタイリッシュな統一ブースで構成します−
 

・ 1小間 9㎡(3m×3m)
photo_商談ブース


小間仕様(予定): 社名板、カーペット、照明、テーブル・イス、鍵付きキャビネット、ハンガーラック
 

image_小間仕様


お問い合わせ先
【ジャパン・パビリオンに関する申し込み・問い合わせ先】
    JFWテキスタイル事業 事務局
Tel:03-6805-0791 Fax:03-6805-0793 E-mail:info@japancreation.com
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16-8F
  【intertextile Shanghai に関する問い合わせ先】
    メサゴ・メッセフランクフルト株式会社
Tel:03-3262-8460 Fax:03-3262-8442 E-mail:info@japan.messefrankfurt.com
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-3-2

  ページの先頭へ戻る


Copyright (C) JFW  Textile Div., All Rights Reserved.