2019SS 2018AW 2018SS 2017AW 2017SS 2016SS 2016SS 2015AW 2015ss 2014 2013 2012 2011 2010 2009
                            Japan Pavilion TOP

出展者専用
   
logo_inter_textile_shanghai_apparel_fabrics logo_Japan Fashion Week Tokyo
〜Asia市場開拓〜 Intertextile Shanghai Japan Pavilion 2015 Spring Edition


出展募集のご案内


一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構

テキスタイル事業運営委員長 貝原 良治


インターテキスタイル上海スプリング展は、2014年3月に新たにスタートしました。中国国内での高級素材への需要はますます高まり、ミラノウニカ・パビリオンを含むサロン・ヨーロッパは大変人気の高い出展エリアになっています。

来る10月のオータム展で、JFW主催のジャパン・パビリオンも第6回目の開催となります。スタイリッシュな統一ブースで日本を象徴したパビリオンは、年々注目度も高まり、来場者数や商談件数も回を重ねるごとに前年実績を上回る人気のエリアとなっています。次回開催のインターテキスタイル上海スプリング展は更なる進化を遂げ、世界最大級の新会場で開催されます。日本ファッション・ウィーク推進機構は、皆様の声に応え、『Japan Pavilion 2015 Spring Edition』を運営いたします。

 

中国アパレルバイヤーの意欲は高く、高級ブランドはより差別化した商品を求める傾向にあります。今こそ日本の高品質な素材を提案する千載一隅の好機といえるでしょう。どうか、この機会に『Japan Pavilion 2015 Spring Edition』への、ご参加をご検討下さい。



Intertextile Shanghai Apparel Fabrics Spring Edition 2015

経済成長が続く上海のこの展示会は、アパレル向け繊維見本市としては出展者数、来場者数ともに世界最大の展示会です。2013年まで年に一度、秋に開催されていましたが、2014年から春に北京で開催されていたIntertextile Beijinを統合し、年に2回、上海での開催が決まりました。今後の発展がますます期待される展示会です。

  展示会名 Intertextile Shanghai Apparel Fabrics Spring Edition 2015
  会  期 2015年3月18日(水)〜20日(金)  9:00〜17:00
  主  催 Messe Frankfurt(HK)Ltd.、中国国際貿易促進委員会紡織行業分会(CCPIT)
China Textile Information Centre(CTIC)
  会  場 中国博覧会展総合体(National Exhibition and Convention Center(SHANGHAI))
  出展場所 国際館内

 

中国博覧会展総合体(CHINA EXPO COMPLEX)』  〜NEW〜

  立地 虹橋経済技術開発区
(虹橋国際空港や虹橋鉄道駅まで車で10分。高速道路にも接続。3本の地下鉄が乗り入れる予定)
  開業 2015年3月に部分運用、2015年6月に全面運用開始。
  規模

室内40万m²/室外10万m²=計50万m² (上海新国際博覧中心の2.5倍)
− 完成後はドイツ・ハノーバー国際見本市会場を上回り、世界最大級の展示場となる見込み。また、単一建築としても中国最大級の建造物となる。Intertextile上海2015SSは、その内の約10万m²(AWの2/3規模)を使って開催予定。

photo_Japan Pavilion 2015SS_01




Japan Pavilion 2015 Spring

Japan Pavilion 2015 Spring 開催概要
  主  催 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
  協  力 独立行政法人日本貿易振興機構(予定)
  後  援 経済産業省(予定)
  運営協力 メサゴ・メッセフランクフルト株式会社
  会場規模 50小間 ビジネスコーナー(商談ブース集積)+ジャパントレンドコーナー(予定)

Japan Pavilion 2015 Spring 参加条件
 

日本国内に籍を置く繊維関連企業および団体


Japan Pavilion 2015 Spring 出展のメリット
 


ベストロケーションに日本企業が集積することで、既存顧客の動員が容易なだけでなく、新規来場者にも充分にアピールできます。
  『Japan Pavilion』というゾーニングが、中〜高級品を取り扱うバイヤーを惹きつけます。
  特別にデザインされた統一ブースで出展することにより、差別化した提案が可能です。
  出展料ならびに追加備品料等が、国内にて日本円でも支払いいただけます。
  本見本市主催者の日本事務局とJapan Pavilion事務局が連携して運営にあたりますので、出展のお申し込みや各種お手続きに関して、ダイレクトスムースなサポートを受けられます。
  追加備品、装飾に関しても、Japan Pavilion事務局が窓口になり、対応いたしますので、日本語での対応と細やかなサポートを受けられます。
  集客力の高いトレンドコーナーへ素材展示し、貴社ブースへバイヤーを誘導します。
  ガイドブック作成やDM送付等の広報活動によって、貴社をPRします。
  Japan Pavilionに有力バイヤーを招致し、新規顧客との商談機会を提供します。

商談ブース参加料
  USD6,400/1小間 (税込)
 

USDの請求になりますが、「請求書発行日時点にみずほ銀行が公示するTTSレート」で換算した決済にも応じます。
例 672,000円/1小間 (rate 1USD→105JPY)


  【出展料に含まれるもの】
 


スペース(3m×3m=9sqm)
  統一パッケージブース(設営・撤去)
  公式カタログエントリー費
  トレンドフォーラム参加費
  来場招待状

  【商談ブース】 −スタイリッシュな統一ブースで構成します−
 


1小間 9sqm(3m×3m)

  【小間仕様(予定)】
 

社名板、カーペット、照明、テーブル・イス、鍵付きキャビネット、ハンガーラック、コンセント
photo_商談ブース



スペース参加料
  USD590/1m²(税込)
 

36m²以上18の倍数の申込みに限ります。


  【出展料に含まれるもの】
 


スペース
  小間までの電気配線工事費
  公式カタログエントリー費
  トレンドフォーラム参加費
  来場招待状


チャレンジブース参加料
  324,000円/1小間 税込(本体価格300,000円)
 

※申込みは1小間に限ります。
※出展決定には審査があります。
※複数小間の申込みをご希望の場合は、事務局にご相談ください。


  【出展料に含まれるもの】
 


スペース(3m×3m=9sqm)
  統一パッケージブース(設営・撤去)
  公式カタログエントリー費
  トレンドフォーラム参加費
  来場招待状
  専門家による商品企画、販路開拓に関するアドバイス

  【ブース仕様】 −商談ブースと同様のスタイリッシュな統一ブースで構成します−
 


1小間 9sqm(3m×3m)

  【小間仕様(予定)】
 


社名板、カーペット、照明、テーブル・イス、鍵付きキャビネット、ハンガーラック、コンセント

  【チャレンジブース参加条件】
 


日本国内に籍を置く繊維関連企業であること
  中小企業基本法の定める中小企業であること
  日本製テキスタイルを生産または販売する企業であること
  中国国内おけるハイブランドに向けた日本製テキスタイルの販路開拓を目的としていること
  付加価値の高い製品を開発・発表する企画提案力があること
  JFWが実施するアンケートおよびヒヤリング、事後フォローアップ調査に積極的に協力すること

  【チャレンジブース申込後のスケジュール】
 


参加申込み > 審査資料提出 > 審査会 > 参加決定(10月中旬) > 参加者説明会(11月上旬)



出展申し込み〆切 : 2014年9月30日(火) 必着
 

※小間数に限りがあるので、お早めにお申し込みください。
   申込が規定小間数を超えた場合は、〆切前でもご要望にお応えできない場合もございます。



募集要項&申込書類  pdf 566kb   excel 154kb(申込書類のみ)



お問い合わせ先
  【Japan Pavilion Shanghai に関する申し込み・問い合わせ先】
    日本ファッション・ウィーク推進機構 テキスタイル事業事務局
Tel:03-6805-0791 Fax:03-6805-0793 E-mail:info@japancreation.com
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第5叶ビル8階
  【Intertextile Shanghai Apparel Fabrics に関する問い合わせ先】
    メサゴ・メッセフランクフルト株式会社
Tel:03-3262-8460 Fax:03-3262-8442 E-mail:info@japan.messefrankfurt.com
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-3-2

  ページの先頭へ戻る


Copyright (C) JFW  Textile Div., All Rights Reserved.