2019AW 2019SS 2018AW 2018SS 2017AW 2017SS 2016AW 2016SS 2015AW Japan Pavilion TOP

出展者専用
 
logo_Japan Fashion Week Tokyologo_JETRO

“The Japan Observatory” at Milano Unica 2016AW

一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構

テキスタイル事業運営委員長 貝原 良治


イタリア各所で開催されていた複数の展示会を1つにまとめ、2005年よりスタートした「Milano Unica<ミラノ・ウニカ/以下、MU>」は、世界最高峰と言われるパリの素材展示会「Première Vision<プルミエール・ヴィジョン/以下、PV>」と並んで、世界中の素材調達バイヤーが集う欧州の2大素材展示会と位置付けられています。広く海外からの出展社を受け入れるPVに対して、MUは欧州以外の出展社を受け入れて来ず、素材分野での“もの作り大国イタリア”を保持してまいりましたが、その門戸が2014年9月に日本に開かれました。その理由は、日本の伝統的な感性とイノベーションによる素材の独自性、そしてイタリア同様に素材への造詣の深さが理解され、何よりもMUに来場するバイヤーから「日本製素材を見たい!」という強い要望が挙げられたことに起因しております。

昨年9月、今年2月とシーズンとしての来場者の差異はありましたが、商談という観点では「充実した商談を行うことができた。」、「質のバイヤーが多い。」と出展社から評価をいただいております。また、来場バイヤーからも「独自の風合いと感性、高品質なコンパクト素材に魅力を感じる。」、「今後も日本の技術力、常に研究し開発するイノベーション力に期待している。」という声もいただいております。

輸出促進を渇望する企業にとっては現在の円安は追い風であり、欧州バイヤーから期待が寄せられている今、日本の高品質な素材を提案し、ビジネスに繋げる千載一隅の好機だと確信しております。また次回のMUは、ミラノ万博の最中であり街を上げての盛り上がりと、多数のバイヤーが訪れる事が予想されます。

「The Japan Observatory at Milano Unica」の成功のために、JFWテキスタイル事業事務局も過去2回のバイヤーの声を活用したセミナーや個別相談会等も実施していく予定です。

どうぞこの機会に、ご参加をご検討いただければ幸いです。


<The Japan Observatory at Milano Unica 2016SS(2015年2月開催)の主な著名来場バイヤー>

 

プラダ、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、ディー・スクェアード、マルニ、ジョルジオ・アルマーニ、フェンディ、ディーゼル、ミッソーニ、バレンシアガ゛、フェラガモ、ジル・サンダー、ニール・バレット、ジバンシィ、エルメス(オム)、インコテックス、ジャンニ・ベルサーチ、ボッテガ・ベネッタ、カール・ラガーフェルト、クリスチャン・ディオール、モンクレー、バーバリー、エトロ、コスチューム・ナチュラル、ピエール・バルマン、ロベルト・カヴァーリ、エミリオ・プッチ、マッキントッシュ、フィラ、バレンティノ、ブルックス・ブラザース、エスカーダ、ラルフ・ローレン、トミー・フィルフィガー、トッズ、E・ゼニア(ガーメント)、ルイ・ヴィトン、サンローラン、ヒューゴ・ボス 等



Milano Unica 展示会概要
  展示会名

21st Milano Unica

  会  期 2015年9月8日(火)〜10日(木) 9:00〜18:30
  主  催 Milano Unica Secretariat
  会  場 Fiera Milano City (フィエラ・ミラノ・シティ)

logo_mu

イタリア国内で別々に開催されていた
■モーダ・イン(婦人服地)     
■イデア・ビエラ(ビエラ地方の紳士服地)
■イデア・コモ(コモ地方の高級婦人服地)
■シャツ・アヴェニュー(シャツ地)

の4見本市を合同で開催する世界的なテキスタイル見本市。2005年より、年に2回(2月<SS>、9月<AW>)開催し、パリのプルミエール・ヴィジョンと並ぶ、大規模な素材展示・商談会です。

前年同期実績<2015 Autumn / Winter (2014年9月)開催実績より>
■開催期間 2014年9月9日(火)〜11日(木) 9:00〜18:30
■開催場所 フィエラ・ミラノ・シティ(Fiera Milano City)
■出展内容 テキスタイル・副資材
■出展社数 410社(内74社がイタリア以外の欧州より出展)    +日本29社・団体
■入場料 無料
■入場者数 約21,800名 <参考:2015年2月展(2016 Spring / Summer):約18,000名強>
■大幅増となった主な来場国(2014年2月展対比):
   

(増)インド(+38%)、日本(+44%)、トルコ(+28%)、オランダ(+7.5%)、USA(+6.55%)、
        スペイン(+6%)
(減)韓国(−41%)、ロシア(−21%)、HK(−18%)


  photo_mu_02


「The Japan Observatory」 at MU 2016AW

概要
  主  催

一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構

独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)

  協  力 日本繊維産業連盟
  後  援 経済産業省(予定)
  会場規模 420m²(予定)  ビジネスコーナー(出展企業商談ブース集積)+Japan PRコーナー
  出展場所 Milano Unica 会場内の特別設置エリア(Fiera Milano City 2F Hall.2)

参加条件
  日本に生産基盤を置くテキスタイル製造・卸業の企業またはグループ(商社含む/組合での申込み可)
 

出展者は日本のテキスタイル及び関連(テキスタイル・アクセサリー/サポート資材)メーカー又は取扱い企業であること。
    −製造が日本で行われていること

    −メーカーでない企業の場合は、主体的に素材・資材を企画し、自社リスクで販売していること
  出展者は法人組織を持ち人員及び製造体制が申請された売上高・生産活動内容と一致・適合すること。
  出展者は市場において中〜ハイエンドをターゲットとしてビジネスを展開していること。また独自性のある高品質の製品レンジをオファーできること。
  出展者は商業的マナーを正しく守り自国の商工会の規則を遵守していること。
  出品商材に関して、全て「日本製」で製造されたものを出品すること。
  ※海外への輸出実績があり、商談会にて英語・イタリア語のビジネス対応ができること
  ※開催期間中に、ビジネス対応ができる人材を派遣できること(自社社員+エージェント配置可能)
  ※組合・団体で出展申込みを検討される皆様は、必ず「組合・団体で出展申込みを検討される皆様へ」をご確認ください   ⇒ pdf 140kb

出展のメリット
 

今まで欧州以外の出展を認めて来なかったMUが、初めて欧州以外の出展を許諾した国が『Japan』。
世界中のテキスタイル業界でも、日本製素材への評価の高さから多くの取材が入る事が予想されます。

  『Japan Pavilion』というゾーニングが、中〜高級品を取り扱うバイヤーを惹きつけます。
  集客力の高いJapan PRコーナーへ素材展示し、貴社ブースへバイヤーを誘導します。
  ガイドブック作成やDM(電子媒体)送付等の広報活動によって、貴社をPRします。
  独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)により「The Japan Observatory」エリアへのハイエンドバイヤー来場促進を行います。

商談ブース
  Milano Unica仕様のスペシャル統一ブースで構成します
 

参加料に含まれるもの

*スペース料金
*統一パッケージブース(設営・撤去)
*「The Japan Observatory」公式カタログエントリー費
*「The Japan Observatory」トレンドフォーラム参加費
*来場招待状(MU発行の電子媒体/ E Card)

*MU発行のサロンガイドへの社名掲載

 

各ブース仕様(予定)
*社名板、カーペット、照明、テーブル・イス、ウィンドウ壁面、ハンガーラック 他
*ブースイメージ図を参照ください


商談ブース参加料
  A)

18m²商談ブース参加料(正面間口4.00m×奥行4.50m)
・・・9,000€<ユーロ>(税込/1小間)

€ の請求になりますが、「請求書発行日時点のみずほ銀行のTTSレート」
にも応じます。
例 1,305,000円/1小間(rate1€ → 145JPY )


image_ブース
*クリックで拡大

  B)

26m²商談ブース参加料(正面間口4.00m×奥行6.50m)
・・・13,000€<ユーロ>(税込/1小間)

€ の請求になりますが、「請求書発行日時点のみずほ銀行のTTSレート」
にも応じます。

例 1,885,000円/1小間(rate1€ → 145JPY )


image_ブース
*クリックで拡大

  C)

36m²商談ブース参加料(正面間口8.00m×奥行4.50m) 
・・・18,000€<ユーロ>(税込/1小間)

€ の請求になりますが、「請求書発行日時点のみずほ銀行のTTSレート」
にも応じます。

例 2,610,000円/1小間(rate1€ →145JPY )


image_ブース
*クリックで拡大

  D)

52m²商談ブース参加料(正面間口8.00m×奥行6.50m) 
・・・26,000€<ユーロ>(税込/1小間)

€ の請求になりますが、「請求書発行日時点のみずほ銀行のTTSレート」
にも応じます。

例 3,770,000円/1小間(rate1€ →145JPY )


image_ブース
*クリックで拡大

 

《零細・中小企業向けイレギュラー商談ブース》

   

MU主催者からは、最低小間ブースとして“18m²”を提示されておりますが、JFWテキスタイル事業が実施している事業では、零細・中小企業の皆様にとって最適なサイズをご用意すべきと思い、“9m²”を些少ですがご用意することにいたしました。ただし、“18m²”が基本になりますので単体でのご出展の場合は同じく“9m²”をご要望される企業との共同ブースになりますので、事前にご了承ください。
※シェアスペースのため、1つの入口を使うことになります。


  E)

9m²商談ブース参加料
・・・4,500€<ユーロ>(税込)

€ の請求になりますが、「請求書発行日時点のみずほ銀行のTTSレート」にも応じます。
例 652,500円(late1€ →145JPY )



※Milano Unica仕様のスペシャル統一ブースで構成します

※9sqm(参加希望者数に応じて“18または26または36等”をシェアする形になります)


MU保険料
 

商談ブース参加料以外に、出展決定後に別途、出展される企業数に応じて、MU保険料(1企業・グループ毎に「95ユーロ」)がMUより義務付けられております。



出展申し込み・提出書類:下記3種の書類・サンプルを締切り期限までにご提出ください。
 

1)出展申込書
2)企業概要(1)〜(3)
3)企業概要調査素材(サンプル・スワッチ) 5〜10点



Japan Textile PR コーナー
 

photo_mu_03
「The Japan Observatory」コーナーの入口には、オリジナル施工によるJAPAN TEXTILE PRコーナーを設けます。JFWが毎シーズン発信するTEXTILE TREND「JFW TEXTILE VIEW」をベースに、日本素材の魅力に焦点を当てた内容で出展企業の素材を展示し、各ブースへバイヤーを誘導します。



会場風景 (The Japan Observatory at MU 2016SSより)
 

photo_mu_04



出展申し込み締切り : 2015年4月3日(金) 必着
 

小間数に限りがあるので、お早めにお申し込みください。
応募多数の場合は、締め切り前でもご要望にお応えできない場合もございますので、ご了承ください。

 

最終的な出展審査をMILANO UNICAが行いますので、ご応募いただいても審査を通らない場合がございますので、ご了承ください。

 

個社ではなく団体、組合で申し込まれる場合は、「出展申込書」を団体、組合名で記載いただき、企業概要及び審査用のサンプル・スワッチは参加される企業毎でのご提出をお願いいたします。



募集要項&申込書類 ⇒  pdf 1,275kb   excel 735kb(申込書類のみ)



お問い合わせ先
    一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構 テキスタイル事業事務局
Tel:03-6805-0791 Fax:03-6805-0793
E-mail:info@japancreation.com
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第5叶ビル8階
 
  ページの先頭へ戻る


Copyright (C) JFW  Textile Div., All Rights Reserved.