• ホーム
  • 基本方針
  • プレスリリース
  • メールマガジン
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • CHINESE
アーカイブス
出展者専用ページ
  • 開催概要
    • 開催概要
    • 割引入場券登録
    • イベントスケジュール
    • フロアマップ
    • フロアガイド
    • 会場アクセス
    • 出展募集
  • 出展者情報
    • 出展者一覧
    • 出展者検索
  • JFW TEXTILE VIEW
    • トレンド
  • プログラム
    • 2014フォーラム
    • 第7回 FORM PRESENTATION (2013年)
    • TOKYO LEATHER PIGSKIN 2014
  • JFW JAPAN CREATION in TOKYO
Forum
                  フォーラム メニューへ
JFW-JC FORUM



11月20日(水) 11:00〜
  「メイドインジャパンへのこだわり」     

第一織物は、ヨットセール・クロスを主体に超高密度織物を研究・開発・製造し、1980年代にアパレル向けに着手しました。「ほかでは創れない、真似できない」技術力で、ジャパン・クオリティーを世界に発信しています。ラグジュアリーブランドも認めるこだわりの商品開発と今後の戦略を語ります。

 

【講師】 吉岡 隆治 氏 <第一織物株式会社 代表取締役社長>

  photo_吉岡隆治 《略歴》父親から社長を引き継いだのが31歳のとき。それまでの産業資材用の賃加工から自立化し、スポーツウエアやファッション向けに自販体制を。グローバル化も本格化させ、いまでは80%が海外向け。他にない超高密度技術がかもすファッション性と機能性は、世界各国のデザイナーやメーカーから高い評価を得ている。年に25回ほどの海外出張を繰り返している。

[受付終了]


11月20日(水) 14:30〜
  「モードとテキスタイル」     

“FINAL HOME” とは、もし災害などで家を失ったら、どのような衣服の提案ができるのか、そして、その家にかわる服が平和なときには、どんな姿をしているのか…。こうした考えから生まれました。人を守る服というコンセプトにこだわり、非常時には機能性、平時には楽しめる服を提案し続けたい。そして、ファッションはモノづくりの最初のところからパフォーマンスが始まっています。

 

【講師】 津村 耕佑 氏 <ファッションデザイナー>

  photo_津村耕佑
©Yoshiaki Nanjo
《略歴》1959年 埼玉生まれ。82年 第52回装苑賞受賞。 83年 三宅デザイン事務所に入社。 92年 第21回現代日本美術展準大賞受賞 94年 FINAL HOMEを設立。パリコレクションと東京コレクションに初参加。同年、第12回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。 2001年 第3回織部賞受賞。08年より武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授。

[受付終了]


11月21日(木) 11:00〜
  「幻のコットン、シーアイランドコットン」     

かつて幻のコットンと呼ばれたほどの希少価値を持つ西印度諸島海島綿(シーアイランドコットン)。謎多きこの綿花の誕生から、イギリスによる育成を経て現在のカリブ各国による栽培に至るまでの道のりと、その優れた特徴、日本が中心として行ってきたブランディングと品質向上の取り組みを紹介します。

 

【講師】 伊藤 薫 氏 <シーアイランドクラブ株式会社>

  photo_伊藤薫 《略歴》協同組合西印度諸島海島綿協会で原料開発事業を担当。その後はシーアイランドクラブ(株)において糸の販売、及び原料調達に従事する。毎年カリブの畑を訪問し原綿を確保するとともに、現地の農家、農務省に対して質の更なる向上を説き、シーアイランドコットンの最高級綿としての地位を盤石にすることを使命とする。

[受付終了]


11月21日(木) 14:30〜
  「価値あるモノづくりを求めて」     

都内最大級の紳士服催事「『銀座の男』市」に向けて、世界中からハイクオリティーな生地を調達しています。国内外の生地屋さんとネットワークを築き、独自の仕入ルートも開拓。これによって希少価値がある生地を低コストで仕入れることができました。また、優れた技術を持つ仕立て職人さんや縫製工場を探すのも私の仕事です。 生地から縫製まで一貫して携わることで、高品質な商品を適正な価格で販売することが可能となりました。

 

【講師】 宮崎 俊一 氏 <株式会社松屋銀座店 バイヤー(メンズ・スーツ担当)>

  photo_宮崎俊一 《略歴》北海道生まれ。1989年、(株)松屋入社。食料品売り場担当後、紳士雑貨をはじめメンズカジュアル・トラッド、紳士スーツなど紳士部門のバイヤーとして20年のキャリア。日本だけでなくヨーロッパも飛び回って産地の開拓に注力。2002年から年2回の松屋銀座の紳士服催事「『銀座の男』市」では独自のMDによるスーツを提案、つねに人気の商品となっている。

[受付終了]


  ページの先頭へ戻る

  • Copyright (C) JFW JAPAN CREATION. All Rights Reserved.
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ