• ホーム
  • 基本方針
  • プレスリリース
  • メールマガジン
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • CHINESE
アーカイブス
出展者専用ページ
  • 開催概要
    • 開催概要
    • 割引入場券登録
    • イベントスケジュール
    • フロアマップ
    • フロアガイド
    • 会場アクセス
    • 出展募集
  • 出展者情報
    • 出展者一覧
    • 出展者検索
  • JFW TEXTILE VIEW
    • トレンド
  • プログラム
    • 2014フォーラム
    • 第7回 FORM PRESENTATION (2013年)
    • TOKYO LEATHER PIGSKIN 2014
  • JFW JAPAN CREATION in TOKYO
2014 TREND
 
              
  < 有言実行する器 >

   

グローバル化する社会の中で、我々は常にクリアで新鮮なヴィジョンを盾に、平凡な日々を打ち破るように戦わなければなりません。そして、次の時代を予期し、導き、変化に対応し、日常生活の中で受けるインスピレーションを胸に大きな一歩を踏み出すことが大切になってきています。そのためには、豊富な経験の上に成立ち、社会の中で自分達に授けられた重要な役割の達成を反映させるアクションと自らが発する言葉の一致が必要になってくるのです。使い継がれることわざ「事を敬して信なり」のように、常に、意気込みが伝わり、新しい表現に挑みながら築き上げていくことこそが、今の時代に必要とされる人の器。

 

〈カラー〉
グレィッシュパステルやダークカラーのシックで洗練された落ち着きのあるグラデーションカラーと、明暗対比のグラフィカルカラーで絶妙なバランスと意外性で展開するカラーパレット。

 


       
  深遠の目眩(めまい)  Profound Mirage   輪舞(ロンド)  Rondo
  深遠の目眩(めまい) Profound Mirage
自分本来のスタイルや能力を追求していくと、余分なものがそぎ落とされ叙情性が湧き上がり、メランコリックな気持が渦巻く物音一つしない真夜中や漂流者が感じるナイーブな世界が広がっていく。その世界に身を置くことで自由な発想と個性を共存させる思考のうねりは独創性で満たされ、シンプルかつ優雅な響きは謙虚な美意識を飾り、心優しいミニマルモードへと昇華していく。   輪舞(ロンド) Rondo 舞台は幕を開け、息をのむような大輪の女優が語り始めるのは、大人だけのファンタジードラマ。ありもしない恋愛や過去の出来事がヒロインの登場と共に刺激的かつミステリアスに観客を魅了していく。舞台は、遊び心で満たされ、溢れる色とフォルムが奔放さと冷たさのコンテンポラリーな戯れを壮麗かつ軽やかに謳う陽気な輪舞の世界。劇場の調べは、モードを愛する観客に向けられたドラマティックな公演へと誘う。

       
  曲者(くせもの) の意地 Obstinate Pride   永遠(とわ) のラブ・フレーズ Eternal Love Line
  曲者(くせもの) の意地 Obstinate Pride
ありふれた意外さの中に垣間見る身体が身震いするような感動を自分らしく素直に受け入れ、自分と向き合いながら大胆に、繊細かつ緻密に自分流の意地を出す。常に現在進行形で、自分の目の前のことを真摯に取組み、自由に物事を描くことの難しさと向き合うことで、存在しないと思っていた瞬間の出会いに深く感動する。予測不可能な感動的瞬間から自分の感情を抑え、曲者は冷静に計算する。   永遠(とわ) のラブ・フレーズ Eternal Love Line 男と女、男と男、女と女…愛し合ったり、友情だったり、片思いをしたり、横柄だったり、悲観的になったり、能天気だったりと、あらゆる関係に戸惑う時に常に耳にしたラブ・フレーズ。それは甘く切なく、時には優しく、知的に精神的に絶妙なリズムを奏でる秘密のフレーズ。
心和ませ、喜怒哀楽を感じながら、心の中に残るフレーズの軌跡をたどってみましょう!穏やかに耳を澄ませば、それはかつて耳にしたことのない思い出の音が鳴り響く透明な時間。

  ページの先頭へ戻る

  • Copyright (C) JFW JAPAN CREATION. All Rights Reserved.
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ