JFW JAPAN CREATION
FORM PRESENTATION 〜産学コラボレーション〜
FORM PRESENTATION 〜産学コラボレーション〜


FORM PRESENTATION 2016FORM PRESENTATION

10th FORM PRESENTATION 展示発表

 
テーマ「進化するデニム」“旅するデニム”

次世代の人材育成を目的とし2007年にスタートした産学コラボレーション「FORM PRESENTATION」も、今年で10回目を迎えました。今回は日本を代表するデニム企業、カイハラ(株)の協力を得て「進化するデニム」をテーマに、新しい価値創造を追求しました。マテリアル・テーマは「無限大デニム」、ファッション・テーマは「旅するデニム」。無限のキャンバスに無心に思うがままに一筆を入れるように、無限の可能性を秘めた進化するデニムとの様々な旅のシーンをデザインソースに、“スーパーストレッチ”“中空糸”“光沢軽量”など最先端の技術を駆使した素材を、学生たちの様々なアイデアで表現した、デニムの新しいスタイル作品を展示発表します。

 

学校名
School name

グループ名
Group Name

小間番号
Booth

名古屋モード学園/NAGOYA MODE GAKUEN

DENIM Lab.

F-1

香蘭ファッションデザイン専門学校
/KORAN COLLEGE OF FASHION DESIGN

doodo

F-2

文化服装学院/BUNKA FASHION COLLEGE

NEO NOMADISM

F-3

文化学園大学/BUNKA GAKUEN UNIVERSITY

CLEAR

F-4

エスモードジャポン東京校/ ESMOD TOKYO

Int.

F-5

名古屋ファッション専門学校/NAGOYA FASHION COLLEGE

大和撫子/ Yamatonadeshiko

F-6

東京モード学園/TOKYO MODE GAKUEN

Capricious world
(きまぐれなこの世界)

F-7

ドレスメーカー学院/DRESSMAKER GAKUIN

Voyage

F-8

文化ファッション大学院大学
/BUNKA FASHION GRADUATE UNIVERSITY

On the way

F-9



■主  催 : 繊維ファッション産学協議会
■特別協賛 : 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
■協  賛 : UAゼンセン
■協  力 : カイハラ株式会社





 

テーマ 「進化するデニム」 コア素材紹介
KAIHARA Quality

カイハラデニムが愛される理由は、一貫生産体制による確かな品質に加え、トレンドの先を見据えた素材開発が魅力です。今回のフォルムプレゼンテーションのコア素材は、開発商品から、「無限大デニム」をマテリアル・テーマとし、時流を先駆けた素材3種をコア素材にしました。


< Hybrid Denim >

< Air Tube Denim >

< Shiny & Light Denim >

いままでにないシルエット表現を可能にした、スーパーストレッチデニム。伸縮性に優れ、アクティブシーンを演出します。

中空糸を使った軽いデニム。綿100%では表現できない機能性と風合いを、合繊との複合で表現した最先端の素材です。

光沢のある、薄手で軽量のデニムです。シルキーな光沢は、ドレスアップしたいシーンでもデニムが活躍します。



KAIHARA DENIM STORY

日本伝統の染物“絣”が、カイハラのルーツです。備後絣で培った技術を結集し国内初のロープ染色機を開発しました。そこで日本初の国産デニム生地が完成しました。

デニムメーカーとしてのこだわりは、「藍」(インディゴ)に集約されるといっても過言ではありません。幾度も繰り返される「染め」を経て生まれる、味わい深い、力強い藍色。

カイハラデニムが世界で愛されている背景には、同社ならではの藍染のノウハウがあるわけです。

トレンドの先を読み、新たなデニム生地の提案を続けるカイハラ。近年では多様化するニーズに合わせ、より複雑な色合いの実現に向けて積極的な研究・開発を推進中。多種多様な原料の組み合わせや染め方の工夫で、カイハラデニムの可能性は無限に広がります。

logo_kaihara_denim

 


ページの先頭へ戻る

FORM PRESENTATION 2016FORM PRESENTATION