JFW-JAPAN CREATION in TOKYO JFW JAPAN CREATION 2008 Autumn/Winter
2007年12月5日(水)・6(木)・7(金) AM10:00〜PM6:00(最終日はPM5:00まで)
 Press-Data : 出展者総数=280件/508小間
 来場者数   12月5日=  9,867名
 (主催者発表)12月6日= 13,040名
          12月7日= 15,504名  合計= 38,411名
スケジュール
JFW-JC News 12/5(wed) JFWの傘下で新たな一歩
  PDF 12月5日号(紙面)を印刷する1,313kb JFW-JC News 12/5[wed] JFW-JC News 12/6[thu] JFW-JC News 12/7[fri] JFW-JC News top

  アジア最高峰の見本市を目指しトレンド発信 テーマは”JAPAN INFUSION”
   アジア最高のテキスタイル展を目指す意欲を示すと同時に、日本のモノ作りへの希望と飛躍を来場者へ感じていただくため、 今回からトレンド・インデックスコーナーにコンセプトを設定しました。
今回のテーマは「JAPAN INFUSION」。
創造と破壊から生まれる美があるとすれば、 日本のもの作りには、 その両方の可能性を探るさらなる感性と技術があります。また、 それを可能にする多くの優秀な人材がいます。 そして、今までもこの創造価値から生まれる表現が、 何度もジャパン・ショックを引き起こしてきました。 今、 あらゆるデザインの分野で、 「日本のもの作り」への注目が集まっています。
 この追風にのって「JFW JAPAN CREATION 2008 Autumn/Winter」は今、 高感度な「ジャパン・クオリティ」を世界に発信し、 質の高さを追求したファッション・ビジネスの場を創造いたします。
大きな樹となったJFW JAPAN CREATIONに「繊維や素材を通して見る一歩先の未来」を予感させる蕾がついたのです。 まだ小さな蕾ですが、 クールで情熱的な花を咲かせることでしょう。 関係者一同、 来場された皆様で、 この蕾の成長を見届けて欲しいと願っています。
◆ Dance watcher
 人体の動きはシンプルな線に収束しまます。ダンスは最もプリミティブで最も高貴な精神の具現です。
 身体の中からあふれ出る衝撃を即興的に表現。ダンスがもつポジティブなパワーをリズミカルで楽しげな素材で表現します。
◆ Metro-sexual
 日々の暮らしを美しく心地良く価値あるものを高め、 現代に生きるセクシーでパワフル。モ−ド気分で装う新感覚のアーバンスタイル。あらゆる素材をうまく取り入れたフューチャーリスティックな素材。 スポーツ、 エステなどの機能素材。
 エコを上手くファッションに取り入れてモダンでクリーンな感覚で表現します。
◆ Art-chitectural Garden
 自然の持つたくましさと機能を兼ね備えた天然繊維と合繊がミックスした新しい複合素材。 エコ素材も重要です。
 繊維で力強いアート感覚や、 植生的発想で自然と遊び自然が息づく新素材で表現します。
photo_Dance watcher photo_Metro-sexual photo_Ar-t-chitectural Garden


  ページの先頭へ戻る

  Tex-Promotion フォルム・プレゼンテーション 学生たちがプリントの可能性にチャレンジ
 
photo_Form Presentation_1
 ファッション業界に対して、テキスタイルの深い認識を持ち、そこからクリエイティブなデザイン発想力を持つ人材を輩出する、人材育成の目的で発足した“産産学学”のコラボレーションです。これによって日本発のテキスタイルをより魅力あふれるものにしていこう、というのが目的です。
 学生たちは、 コーディネートを担当した産学コラボレーション検討委員の永森達昌氏と竹内忠男氏が講師となったプリント講座で基本を学び、 デザイナーと産地企業、 あるいはテキスタイルを学ぶ学生とアパレルを学ぶ学生などとのコラボレーションによって作品をつくりました。
 今回のテーマは「プリント」です。 5月のJC展では永森氏が所有する世界的なデザイナーとして知られる、 故エリアキム・シュピーゲルとバーナード・ネヴィルのプリント作品を展示し、プリント・デザインの発想力やテキスタイルとアパレルとの一体感、 それに微妙なデザインのニュアンスを提案しました。
 その後、 学生(学校単位)から応募のあったコンセプトを審査し、 両氏がコーディネーターとなり、 学生と企業のプロジェクトを編成。 さまざまな日本のプリント技術を駆使した作品が「FORM PRESENTATIONコーナー」で展示されています。 今回の参加校は7校14グループでした。

永森達昌氏の談話。
「学生たちが描くプリントは当初、 バーチャルなイメージになりがちで、 現場にいって初めて現実的なものになったようです。 技術者から『これでは出来ない』と言われて白紙に戻るようなケースもありましたが、 学生たちの受け止め方は柔軟で、 きわめてポジティブでした。 彼らは前向きに修正作業にとりかかり、 ファブリックとプリントの関係性を広げるなど、 順応性の高さを垣間見ることができました」


  【フォルム・プレゼンテーションのカテゴリー】
・ テキスタイル部門
・ アパレル・ブランディング部門
・ コンセプチュアル・ファッション部門
photo_Form Presentation_2 photo_Form Presentation_3 photo_Form Presentation_4


  ページの先頭へ戻る

  キーパーソンインタビュー バイヤーのためのテキスタイル見本市に

 
photo_三宅 正彦 氏 ファッション戦略会議 東京発 日本ファッション・ウィーク実行委員長
三宅 正彦 氏
ファッション戦略会議
東京発 日本ファッション・ウィーク実行委員長

新たにスタートした「JFWジャパン・クリエーション」は、
これまで以上にビジネス色を強めています。
その背景と今後の展望について三宅正彦委員長は、このように語っています。


——JFWとしては初めての「JC」となりますが、 あらためて今回の特徴を伺うと、どのような点ですか。
 プルミエール・ヴィジョンやミラノ・ウニカがそうであるように、 テキスタイル見本市はバイヤーのために開かれるものであって、 JCも商談の場にならなければなりません。 今回の12月展では、そこに重点を置きました。 すでに発表されているように、「バイヤーズ・セレクト・コーナー」を新設したのは、そのためです。
——商談の場となるためには、何が必要となりましたか。
 話が少しさかのぼりますが、 JFWでは以前から「東京コレクション」と並んでテキスタイル見本市の開催を考えていました。JCとは別のテキスタイル見本市を開き、 日本を代表する匠(たくみ)の技術をもった素材を集積し、 日本だけでなく、 世界のバイヤーに来てもらう。 いわゆる「創・匠・商」に立脚したイベントを構想していました。 それがJCと合併することになり、「JWFジャパン・クリエーション」がリニューアルした、というのが一連の流れです。 それだけに商談の場となる「バイヤーズ・セレクト・コーナー」には力を注ぎました。
——具体的には、どのような方法で実現させたのですか。
 まずは大手アパレル企業の協力を得て、 デザイナーやマーチャンダイザー、 素材担当者などの要望を聞きました。 どんな企業が出展すればいいのか希望を募ったわけです。 そこでノミネートされた130社前後を参考にして、 事務局が出展交渉を重ねました。 私も幾つかの企業にお願いに回りましたが、 なかには「JCに出なくても商売ができる」と固辞するケースもありました。 しかし、 そんな企業も、 私たちの考えに賛同していただくことができ、商談の核となるコーナーができた次第です。
——来年の4月開催の「JFW−JC」では、 CBF(クリエーション・ビジネス・フォーラム)が併催されますから、 さらに内容が改善されますね。
 そうですね。 CBFを視察して感じたことは、 出展企業の多くが染色など加工メーカーとのコラボレーションによって匠の技術を進化させている点です。 こうした取り組みをテキスタイル企業は広げてほしい。 それによって日本の特徴を高めていくことが急務です。 上海で開催された「インターテキスタイル上海展」は、 予想以上の評判でしたから、 これを上回る内容にしなければなりません。
——そうすると、 いずれは国内メーカーだけでなく、 海外のメーカーを含めての国際性が求められますね。
 向こう1年ぐらいは国内中心となるでしょうが、 再来年あたりからはアジアを含めて海外のメーカーやコンバーターが加わった見本市にしていく必要があります。 訪れるバイヤーにしてみれば、世界中のテキスタイルを見たうえで買い付けたいわけですからね。いずれにしても、 できるだけ早く日本版のプルミエール・ヴィジョンになるよう、 さらなる改革を続けていく必要があります。


  ページの先頭へ戻る

  企業紹介

 
photo_フジチギラ㈱
フジチギラ㈱ No.E区-23
リバーシブルの高密度織物など
 富士吉田産地を中心に織物・原糸を企画販売しています。 千吉良グループとしてモノ作りにこだわり、 全国の産地と連携して、 原料から企画しているのが大きな特徴です。 今回展では、 織り編みでは表現できない商品を実現した特殊加工品、 ボンディングしたようなリバーシブルの高密度織物、 細番手を使った透け感のある商品をぜひ、 ご覧ください。 08秋冬商談では現在、先染めのシルク混織物、 先染めの高密度織物、 光沢感のある織物が好評です。

 
photo_中伝毛織㈱
中伝毛織㈱ No.E区-72
妥協のない尾州の匠の技
 グループ内に糸染め工場から織り編み、 染色整理加工の工場を持ち、 一貫生産しています。 このため、 小ロット短納期対応から大ロットの生産まで、 お客様のニーズに柔軟に対応できるのが特徴です。 ブースでは、 「視覚的にも触覚的にも妥協のない尾州の匠たちの技を堪能していただきたい」考え。 08秋冬商談では、 クラシックエレガンスに機能的でアクティブなイメージを加えた素材や、 装飾的な先染め素材、 エコを意識した獣毛混などが脚光を浴びています。

 
photo_㈱カゲヤマ
㈱カゲヤマ No.A区-25
伊のメゾンも開発力を評価
 世界中から入手した情報を基に、 高付加価値の先染め織物を製造販売。 大ヒットしたフィルム入り織物やフリンジなど、 商品開発力には定評があります。 イタリアのメゾンからも高い評価を得ており、 継続して輸出しています。 中国・上海近郊でも生産していますが、 狙いは国内では生産できない商品を、 同社のソフトを活かして作ることにあります。 今回展は、 主力のカジュアル向けに加え、 ドレスシャツにも力を入れているのが特徴です。

 
photo_㈱松井ニット技研
㈱松井ニット技研 No.C区-14
マルチカラーストライプのマフラー
 他社が生産を避けるような手間のかかる編地のマフラー、 帽子、 靴下を主力に生産。 マルチカラーストライプのマフラーが高い人気を博し、 ニューヨーク近代美術館(MOMA)や国内の美術館などで販売されています。 国内の販売店舗は美術館やコンランショップなどのセレクトショップを合わせると40軒強に上ります。 今回は新たに開発したシルクのマルチカラーマフラー、 それとコーディネートできるデザイン手袋をぜひ、 ご覧ください。

 
photo_青野パイル㈱
青野パイル㈱ No.C区-39
高密度・軽量・ソフトなハイゲージベロア
 パイル・ベロアの専業メーカーで染色以外はすべて自社で生産加工しています。 国内のパイル・ベロア編み機を網羅し、 独自素材があることが強みです。 08秋冬商談では、 高密度・軽量・ソフトなハイゲージベロアが好評。 また、「ボレベロア(写真)」を生産するには特殊な機械設備が必要ですが、 同機械の国内占有率はほぼ半分で、 同社の顔となっています。 海外でも同社製品の人気は高く、 イタリアのテキスタイルメーカーが買い付けに訪日するほどです。

 
photo_第一織物㈱
第一織物㈱ No.E区-43
超軽量から重量感のあるものまで
 合繊を主力に、 独特の風合いのある超高密度織物で定評があります。
 今回展ではナイロン100%もしくはナイロン/ポリエステル混で、 30g/㎡と超軽量から300g/㎡と重量感のあるものまで、 幅広く提案します。
 08秋冬商談では現在、 欧州でシェイプメモリー・タイプの商品群が好評です。

  環境/エコロジー

  循環プロジェクトでアフリカに井戸を採掘
photo_大正紡「夢工房
大正紡「夢工房」 No.6区-56
「すべてがエコロジー対応」と言い切る同社では、 川上、 川中、川下が団結した総合力によって、 環境にやさしいモノづくりを進めています。 オーガニックコットンをはじめ、 ホワイトパイン(白松)や工場で廃棄される落綿を原料にしたレーヨンなど、 環境配慮が同社のアイデンティティになっています。 北米産のホワイトパインは生育が早いだけでなく、 害虫がつきにくいため防虫剤が不要となります。
 一方、 オーガニックでは、 NGOのハンガーフリー・ワールドへの協賛プロジェクトを発足させました。 これは同社と日本綿布、 エドウィンが連携して推進するもので、 その名称は「ウガンダ・プロジェクト」。 来年3月にオープンするラフォーレ原宿で販売する商品の売上高の2%を同NGOに寄付するというものです。 ウガンダでは水不足が深刻になっており、 この寄付金で井戸を採掘する計画です。 採掘費用は1本掘るのに日本円で50万円かかるが、 これで1,000人が利用できます。 同プロジェクトでは、 初年度売上高10億円を計画しており、 達成されると40本の井戸が採掘できます。

  ピュアなオーガニックとフェアトレード
photo_㈱パノコトレーディング/日本オーガニックコットン流通機構
㈱パノコトレーディング/日本オーガニックコットン流通機構 No.A区-24
 オーガニックコットンは、 一般の綿畑で使っている化学肥料や殺虫剤や除草剤などの農薬を使わず、 有機肥料を用い、 天敵の益虫を活用して害虫駆除を行うなど、 昔ながらの栽培方法で育てたコットンです。 オーガニックコットンは、 世界的な認証機関によって栽培・製造においてその適格性が証明される仕組みを持っていますが、 生産量は世界で生産されるコットンの0.5%という希少なものです。 日本オーガニックコットン流通機構(NOC)は、有機栽培綿の価値が正しく評価され、 環境保全やフェアトレードの方策が理解され、 製品が広く普及するよう活動しています。 パノコは、 認証オーガニック綿及び綿糸を直接輸入し、 国内で製品化しています。 加工工程ではNOCの安全規準に沿って仕上げています。(原料は、 フェアトレードの認証もあり、 貧困救済に貢献しています。)
   

  ページの先頭へ戻る

  jc(ジェシー)のちょっとイッ服 2007.12.05発
 
photo_jc(ジェシー)のちょっとイッ服
 

美味しい東京駅」
 新しい東京駅にはもう行きましたか? 八重洲の中央口と丸の内中央口を結ぶ駅の地下構内にできたGranStaは、 10月25日にオープンしたばかり。 ケーキやチョコレート、 和菓子といったスイーツや、 デリ、 日本酒、 レストランなど47のショップがお目見えしました。 ベーグルやおむすび、 お寿司などのテイクアウトも豊富ですが、 中でも東京駅でしか買えない東京もちべん(\900 駅弁屋 極きわみ)はちょっと変わっていてお薦めですよ。

  ページの先頭へ戻る

  JFW-JC News 最新情報2007.12.5(wed)
 
合同記者会見               (2007/12/05)
   日本を代表するテキスタイル展に
photo_合同記者会見

  JFW−JC合同記者会見が5日、会場内で行われました。
ファッション戦略会議 東京発日本ファッション・ウィーク実行委員長の三宅正彦氏は、同展を「商談のできるものにし、日本を代表するテキスタイル展にしたい」と抱負を述べました。
 貝原良治JFW−JC運営委員会委員長は、同展がJFW−JCとして再スタートを切るにあたって、従来はメーカーの視点から展示会を運営していたが、バイヤーであるアパレルの視点に変えた点を強調しました。それが、アパレルへのアンケートを基に出展してほしい企業を選出し、今回から新設したバイヤーズ・セレクト・コーナーです。
 また、独自のトレンドコーナーを設け、発信力を強化していることも説明しました。

Tex−Promotion 産学交流会が開催   (2007/12/05)
   企業と学生が製作過程を報告
photo_Tex−Promotion 産学交流会が開催

 Tex−Promotionの「FORM−PRESENTATION」に出展した協力企業と学生による交流会が5日、フォーラム会場で開かれました。この交流会では7校14グループの学生と教員60人余りが参加し、このうち6グループの代表が製作過程の意気込みや戸惑いなどを報告しました。
 交流会の開催に先立ち挨拶に立った川島朗JFW-JC事務局長は「これが定着していくことを願っています」と述べ、その後、学生たちの報告が行われました。学生の多くが企業とのコラボレーションに戸惑いを感じながらも、匠の技との“競演”に感銘、「協力していただいた企業の技術に感動しました」(文化服装学院・安部悠治さん)と語っていました。
 一方、協力企業として出席したアトワンズの伊地知康寛氏は「学生からの要望は、大いに刺激となりました。もう少し、時間がとれて腰を据えた取り組みができれば良かった」と述べていました。学生だけでなく、企業にとっても、このコラボレーションが新たなクリエーションを生み出すことを確信する交流会でした。

レセプションパーティー    (2007/12/05)
photo_レセプションパーティー

 JFW−JCとなって初めてのレセプションが5日、会場内で開かれました。主催者を代表して挨拶に立ったファッション戦略会議の馬場彰議長は、次のように語りました。
 「新しい繊維ビジョンで触れられましたように、日本の繊維ファッション産業が発展していくためには、創・匠・商の三位一体が不可欠です。そうしたなか、JFWの活動にJCが共鳴していただき、JCが再スタートを切ることになったわけですが、これは日本の匠を代表する方々のご決断とご尽力によって成り立ったものです。ここにあらためて感謝と敬意を表します。JCがJFWの仲間に加わることによって、日本の繊維ファッション産業が成功することを確信しています」
 また、来賓の挨拶で経済産業省の羽藤秀雄審議官は、次のように述べました。
 「わが国の繊維産業をとりまく状況として、第1には原燃料価格や為替レートなど厳しい環境にあります。これを打開していくには技術力をベースにした日本の発信力が欠かせません。第2は、産地と関連業界との連携です。そして第3がクリエーションとクオリティを支える人材が重要になります。この人材育成に経済産業省は支援してまいる所存です。新しいチャレンジの芽は、いろいろな場面で垣間見られるようになった、というのも事実です」
 さらに日本アパレル産業協会として挨拶に立った三宅正彦理事長は、こう話しました。
 「JCが加わることでJFWは、東京コレクションだけでなく、日本の繊維ファッション産業を向上させる体制が整いました。日本アパレル産業協会も、JFW−JCには全面的に協力してまいります。日本のすぐれたテキスタイルの力は、アパレルのクオリティにもつながり、これによって国内はもとより、海外にも日本の発信力が広がるはずです」


  ページの先頭へ戻る

  JFW-JC News 12/5[wed] JFW-JC News 12/6[thu] JFW-JC News 12/7[fri] JFW-JC News top

プライバシーポリシー サイトマップ