JFW JAPAN CREATION
2018 出展者情報
2018 出展者情報
検索条件入力へ戻る出展者一覧
丹後織物工業組合
TANGO TEXTILE INDUSTRIAL ASSOCIATION


【共同出展者】株式会社一色テキスタイル 株式会社大江 小石嘉織物(遊絲舎) タカモトシルク有限会社 株式会社たけとら 宮眞株式会社


【 小 間 番 号 】  J-42・46~50
【 カテゴリー 】  テキスタイル
【 出 展 品 目 】  絹、化合繊

           
    住所     〒629-2502 京都府京都府京丹後市大宮町河辺3188
    TEL     0772-68-5211
    FAX     772-68-5300
    URL     http://www.tanko.or.jp/
    担当者     丹後織物工業組合 総務部総務課1課 藤堂 博之
    メール     tanko@tanko.or.jp
           
出展者PR
  「丹後ちりめん」は、江戸中期に絹屋佐平治らが西陣から持ち帰った技術から始まり、2020年に創業300年を迎えます。丹後ちりめんは伝統を受け継ぎつつ未来に向けて新たな挑戦を続けています。「高い技術力」と「素材の質感」は、この丹後産地ならではの得意技です。  

共同出展者

    株式会社一色テキスタイル
             
    住所     〒629-2262 京都府与謝郡与謝野町字岩滝739
    TEL     0772-46-2388
    FAX     0772-46-5066
    URL     http://isshiki-tex.jp/
    担当者     代表取締役 一色 直樹
    PR     京都・丹後で300年織継がれてきた丹後ちりめん。当社はその技術を用い、用途に応じた糸を使い、服地、和装小物を製造し、日常使いを目指したちりめんの織元です。
今回は、丹後ポリエステルちりめんを難燃加工した壁紙の後加工品(和紙加工)をご提案します。 


    株式会社大江
             
    住所     〒629-2263 京都府与謝郡与謝野町弓木1136-3
    TEL     0772-46-5668
    FAX     0772-46-5162
    URL    
    担当者     代表取締役 大江 康夫
    PR     天然素材にイノベーティブな加工を施し他にはない新しい素材を開発する会社です。2014年頃より持続可能な染をしています。 


    小石嘉織物(遊絲舎)
             
    住所     〒629-3102 京都府京丹後市網野町下岡610
    TEL     0772-72-2677
    FAX     0772-72-5552
    URL     http://www.fujifu.jp/
    担当者     代表 小石原 将夫
    PR     古代布「藤布」の技術を継承。絹糸、金糸、和紙など多様な糸を組み合わせ帯地を製造する高度な技術を背景に、経糸に絹、緯糸に藤を使った藤布は唯一無二。素材・組織の組み合わせ次第で多様な風合い、表情を見せる。 


    タカモトシルク有限会社
             
    住所     〒629-2311 京都府与謝郡与謝野町幾地1413
    TEL     0772-44-2071
    FAX     0772-44-2072
    URL    
    担当者     代表 高田 徹
    PR     糸を仕入れ、独自の撚糸技術で糸をつくり他にはない風合いを作り出します。織機は小巾から広巾まで、全てシャトル織機で織り上げております。使用素材は天然繊維のみです。生地のほかストール、マフラーを生産しております。 


    株式会社たけとら
             
    住所     〒629-2403 京都府与謝郡与謝野町字加悦185-1
    TEL     0772-43-0162
    FAX     0772-43-0949
    URL     http://kyoto-taketora.jp
    担当者     代表取締役 竹村 雅男
    PR      


    宮眞株式会社
             
    住所     〒629-2262 京都府与謝郡与謝野町岩滝1166
    TEL     0772-46-2059
    FAX     0772-46-5176
    URL     http://www.tango-miyashin.com/
    担当者     代表取締役 宮﨑 輝彦
    PR     300年の歴史を持つ丹後ちりめんの産地において、常に新しい素材に取り組み、さまざまなちりめんを生産してきた。主な素材はシルク・ポリエステル等の交織。今シーズンは製品にも取り組んでいる。 

  ページの先頭へ戻る